新型コロナ 生活苦、外国人直撃 難民不認定、在留資格なし 就労禁止・公的支援も届かず

新型コロナ 生活苦、外国人直撃 難民不認定、在留資格なし 就労禁止・公的支援も届かず

毎日新聞大阪版夕刊に、RAFIQの記事が掲載されました。
RAFIQの事務所「OSAKAなんみんハウス」には現在1名のアフリカ難民が入居しています。コロナ禍のために、外出制限や、ふーどバンクの配給停止、日本語教室中止などが続きましたが、RAFIQのボランティアで、感染対策をとりながら、なんとか支援を続けています。このような厳しい状況下でも、難民認定や裁判に向けての証拠集めなどを、ずっと続けなくてはなりません。

新型コロナ 生活苦、外国人直撃 難民不認定、在留資格なし 就労禁止・公的支援も届かず - 毎日新聞
 新型コロナウイルスの感染拡大は日本で難民認定を求める外国人にも影響を与えている。在留資格がないため、一律10万円が受け取れる特別定額給付金の対象から外れる人もおり、独自の給付制度を設ける支援団体もある。
タイトルとURLをコピーしました